引きこもりってバイトに受からないの?狙い目の職種を紹介します!

これまでずっと引きこもりをしてきて、いざ働こうと思ってもバイトが受からないと悩んでいませんか?せっかく一歩を踏み出したのに、バイトが受からないと自信をなくしてしまいますよね。

空白期間をどのように説明するか

引きこもりの方がバイトを始めようとしてまず最初につまずくのが、空白期間をどのように説明するかということです。

親と一緒に住んでいるのであれば、介護を理由にしたり、自分の家の仕事を手伝っていたなどが妥当でしょうか。正社員ならまだしも、アルバイトでそこまで根掘り葉掘り聞かれることはないと思いますが、ある程度の答えは準備して行った方がいいです。

暗い表情はNG

引きこもりだった人は、自分に自信を失っている場合が多いので、声が小さかったり表情が暗いことがあります。引きこもりは何も悪いことしているわけではないので、堂々としていればいいのです。

わざとらしく明るくする必要はないですが、精神的に余裕を持って面接に臨むことが大切です。

新規オープンや大量募集のアルバイトを探す

人手不足で確実に人材が欲しい、新規オープンお店や、大量募集をしているアルバイトを探すと、受かる確率が高くなります。

新規オープンするのに、人手が足りないと大変なことになりますから、他のアルバイトよりも少しハードルが下がります。

また運送業や配達業、引っ越し業者など、期間限定の時期に特に人材が欲しい場合は大量募集をしています。人手が特に欲しい時期ですので、その時も採用される確率が高くなり、時給も少し高くなっている場合がありますので、狙い目です。

今はネット通販が非常に増えていますので、ピッキングの倉庫作業の仕事も、常に募集がかけられています。ピッキングの作業は単純作業が多いので、引きこもりから脱出する第一歩におすすめですね。

派遣会社に登録する

自分で何社もアルバイトの面接に行くのがしんどいのであれば、派遣会社に登録するのも一つの方法です。

自分の条件を登録すれば、自分に合った職種を紹介してくれます。また担当の方が派遣先の会社の雰囲気などを教えてくれたり、どのような仕事内容かきちんと説明してくれるので、とても安心です。

タイトルとURLをコピーしました